Rundeck

インシデント解決の時間を短縮。エスカレーションも少なく。​

Runbook Automationを使用して、誰でもセルフサービスの操作タスクを安全に実行できるようにします

インシデント解決の時間を短縮。エスカレーションも少なく。

Runbook Automationを使用して、誰でもセルフサービスの操作タスクを安全に実行できるようにします
Rundeck image

製品概要

インシデント対応を自動化し、解決スピードを向上する

Rundeckはランブックを自動化する製品です。Rundeckを使うことで運用チームの時間のかかる繰り返し作業を減らすことができます。従来の中央集権的なオープン環境だけでなく、複数のエンジニアが分散して作業するDevOps環境にも対応できるように設計されています。

Runbook Automationソリューション

インシデント対応の自動化

PagerDutyとRundeckを併用することにより、インシデント対応ライフサイクル全体が自動化できるため、迅速な障害解決及びインシデント削減が可能となります。

ReactivetoProactive
Real Time Automation

サービスリクエストの自動化

Runbook AutomationでOpsアクションへのセルフサービスアクセスを有効に。貴重なリソースは重要な仕事に割り当てましょう。

セキュリティとコンプライアンスの自動化

コンプライアンスとセキュリティ体制を強化します。Rundeckは、最も規制に適合した安全な環境でセルフサービスを可能にします。

Rundeck Image03

機能

Rundeck icon01

ユニークな方法でワークフローとプロセスを管理

Runbook Automationは、既存のAPI、スクリプト、コマンド、自動化を置き換え、セキュリティと機能性を向上させる、運用ワークフローのヒューマン・トゥ・ツール・インターフェースです。

Rundeck icon02

DevOpsとデジタルトランスフォーメーションをサポート

Runbook Automationは、開発者が本番環境でアプリケーションをデプロイ、調査、修正できるようにします。そして、運用チームがセルフサービスの運用タスクを実行するのに役立ちます。これにより、動きの速い環境でのタスクの引き継ぎを容易にすることができます。

お知らせ

インシデントフローと対応の省力化を実現するPagerDuty&Rundeckを出展~Japan IT Week 秋

Digital Stacks(本社東京都品川区)は、10月27日~29日まで幕張メッセで 開催された「Japan IT Week 秋」

システム運用を強力に支援するPagerDutyとRundeckをJapan IT Week秋に出展

Digital Stacks(本社東京都品川区)は、10月27日~29日まで幕張メッセで 開催される「Japan IT Week 秋」の

Rundeckの最新情報

Rundeckの詳細については、
Rundeck製品サイトをご覧ください。

正規販売代理店(株)Digital Stacks