Harness

アジャイル開発に必須のCI/CDプラットフォーム​

ビルド・テスト・デプロイ・検証までの全工程をAIとビジュアルなUIで支援。

Harness Banner
Harness Feature image

製品概要

Harnessで開発・展開・検証サイクルを高速に

Harnessは、お客様やビジネスのニーズに合わせたソフトウェア開発を可能にする、アジャイル開発を促進するための最新のソフトウェア・デリバリー・プラットフォームです。アジャイル開発では、ソフトウェアの構築、テスト、デプロイ、検証を高速なサイクルで継続的に行うことで、ニーズに合わせてソフトウェアを進化させることができます。その進化を加速させるためのCI / CDツールがHarnessです。

機能

Harness製品

CD:Continuous Delivery

エンジニアが、高速で再現性があり安全なパイプラインを使用して、オンデマンドで本番環境にデプロイできるようにします。

数分でブルー/グリーン/カナリアデプロイメントを構築
ビジュアルビルダーやネイティブのGitOpsエクスペリエンスを使 い、エンジニアリングチーム全体で複雑なデプロイメントを構築・テンプレート化・スケーリングできるようにします。

デプロイメントの自動検証とロールバック
デプロイメントごとに性能と品質の低下を自動検出し、必要なら数秒で以前の作業バージョンにロールバックします。

クラウドネイティブと従来のアプリの双方をサポート
Harnessは、マイクロサービス用コンテナ、Helm、Kubernetes、ECSに加え、WebLogicやWebSphereなどのサーバレススタックと「ビンテージ」スタックをサポートしています。

Continuous Delivery
CI:Continuous Integration

CI:Continuous Integration

スクリプト、依存関係、およびメンテナンスのエンジニアリング上の手間を要さないセルフサービスのクラウドネイティブCIです。

ネイティブGitOps
グラフィカルなエディター(Visual Pipeline Builder)とAI&機械学習により、初心者でもCIパイプラインを構築できます。

Visual Pipeline Builder
複雑なCIパイプラインを初心者でも数分で構築し、可視化できます。

AI&ML
ビルドとテストのサイクルの80%を自動化します。待ち時間を減らしコード開発にかけられる時間を増やします。

Harness Feature Flags

開発者向けのよりシンプル、高速、インテリジェントなデリバリー機能。 より少ないリスクでより多くの機能を出荷します。

自動化されたFeature Flagsパイプライン
テスト、スケジューリング、承認、通知などをまとめた柔軟なパイプラインを構築します。JiraやSlackなどの既存のワークフローツールに統合して、プロセス全体を自動化できます。

再利用可能な機能リリーステンプレートを作成することで、機能間の標準化を図り、アプリケーション、サービス、チーム間の開発者の負担を軽減します。
Harness Feature Flags
Cost icon

クラウドコスト管理

使用済み、アイドル、未割り当てのリソース、およびソフトウェアのデプロイ、構成の変更、自動スケーリングなどの変更によって、クラウドのコストを分析して関連付けます。

クラウドとコンテナのコストの可視性
アプリケーション、マイクロサービス、クラスター、ネ一ムスぺ一スなどによる独自のクラウドコストを可視化します。

クラウドコストとイベントの相関を可視化
通常時だけでなく設定変更やスケーリングなどのイベント発生とコストの相関も調べることができます。

タグ付けは一切不要
手作業によるタグ付けをしなくても、詳細なコスト分析ができます。開発者の手を煩わせずに見通しを良くします。

Harnessの最新情報

Harnessの詳細については、
Harness製品サイトをご覧ください。

正規販売代理店(株)Digital Stacks