Harness


Harness image
Harness CI/CD トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ Harnessで開発・展開・検証サイクルを高速に Harnessは、お客様やビジネスのニーズに合わせたソフトウェア開発を可能にする、アジャイル開発を促進するための最新のソフトウェア・デリバリー・プラットフォームです。アジャイル開発では、ソフトウェアの構築、テスト、デプロイ、検証を高速なサイクルで継続的に行うことで、ニーズに合わせてソフトウェアを進化させることができます。その進化を加速させるためのCI / CDツールがHarnessです。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 機能 (Features) ハーネスCI/CDプラットフォームのご紹介 Harness CI/CDプラットフォームは、DevOpsやエンジニアリングチームのためのセルフサービス型プラットフォームソリューションです。あらゆるタイプのソフトウェアの更新を安全、迅速、かつ持続可能な方法で本番環境に導入できます。Harness CI/CDプラットフォームは、クラウドとコンテナにネイティブに対応しており、SaaS版とオンプレミス版の両方が利用できます。 オンデマンドでソースコードをアーティファクト化:Harness CI Harness CI(以前のDrone)は、コンテナにネイティブ対応したセルフサービス型CIソリューションで、すべてのビルドがアイソレートされ、さらに全てのエクステンションが標準化されています。インストールはすぐに終わります。GitリポジトリにコミットするYAMLのシンプルで読みやすいファイルを使用してパイプラインを宣言するだけです。パイプラインの各ステップは、実行時に自動的にダウンロードされるアイソレートされたDockerコンテナ内で実行されます。Harness CIはDockerHubで1億回以上ダウンロードされ、GitHubでは23,000以上の「いいね」を得ており、オープンソースコミュニティで愛されています。 アーティファクトを実環境に高速展開:Harness CD Harness CDはスマートデプロイメントオートメーションと継続的検証、継続的セキュリティ、継続的インサイトの機能を提供します。セルフサービスのCDモジュールであり、エンジニアがスクリプトや依存関係やダウンタイムを気にしなくてもオンデマンドでソフトを展開できるようにします。Harness CDのスマートデプロイメントオートメーションは、既存のCIツールと統合でき、それらで生成された成果物(アーティファクト)を、様々なクラウドスタック(kubernetesやGCPなど)とインフラ定義ツール、そして構成管理ツールを統合する機能を提供し、アーティファクトを自動的に管理できるようにします。継続的検証により、アーティファクトを自動的に管理できます。 継続的検証は、リリース戦略に合わせて性能監視ツールによる性能評価を行い、必要があればロールバックするプロセスを自動化します。継続的セキュリティでは機密管理、監査、コンプライアンスチェックを定期的に実施するためのサポートをします。継続的インサイトは、チームのパフォーマンスを定量化し、適切な目標管理を可能にします。 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

Digital Stacks、CI/CDソリューションHarnessの国内販売を開始


Harness image

アジャイル開発に必要な、ビルド、自動テスト、配置、検証までの全工程をAIとビジュアルなUIで支援するCI/CD(Continuous Integration / Continuous Delivery)ツール「Harness」の導入をDigital Stacksがサポートします

東京 – 2021/3/22, 株式会社Digital Stacks(本社:東京都品川区、代表取締役:島田憲治、以下Digital Stacks)は、米Harness 社(本社:116 New Montgomery Street, Suite 200, San Francisco, CA 94105、Co-Founder & CEO Jyoti Bansal、以下Harnessとリセラーパートナーシップ契約を締結しました。

Harness image

Harnessは、顧客やビジネスのニーズに適応したソフトウェア開発するための、アジャイル開発を促進するツールです。

アジャイル開発では、ソフトのビルド・テスト・配置・検証を早い周期で継続的に回すことで、ニーズに合わせてソフトウェアを急速に進化させることができます。そのためのソフトウェアの配備用パッケージ (= “アーティファクト”作成)とクラウドやオンプレミスの本番動作環境への配備を行うツールがCI/CDツールです。

最先端のCI/CDツールであるHarnessを使えば、そのダッシュボードとビジュアルなエディターによって、開発者自身が主体的にアーティファクトの管理と本番環境への配備を設計できます。さらにコストも可視化してくれますので、開発者自身がコスト管理も行えるようになります。

HarnessはCIツールとしてのHarness CI(旧Drone)と、CDツールとしてのHarness CDの2つのモジュールからなります。 Harness CI (旧Drone)は、コンテナネイティブのセルフサービス方式のCIソリューションです。その下で全てのビルドがアイソレートされ、全エクステンションが標準化されます。 Harness CDは「スマートデプロイメントオートメーション」と「継続的検証」、「継続的セキュリティ」、「継続的インサイト」の機能を提供します。
  • スマートデプロイメントオートメーションは、既存のCIツールと統合でき、それらで生成された成果物(アーティファクト)を、様々なクラウドスタック(kubernetesやGCPなど)への配備でき、インフラ定義や構成管理を統合する機能を提供し、アーティファクトを自動管理できるようにします。
  • 「継続的検証」は、リリース戦略に合わせて性能監視ツールによる性能評価を行い必要があればロールバックするプロセスを自動化します。
  • 「継続的セキュリティ」は、機密管理、監査、コンプライアンスチェックを定期的に実施するためのサポートをします。
  • 「継続的インサイト」は、チームのパフォーマンスを定量化し、適切な目標管理を可能にします。

Digital Stacksは、インシデント管理ツールの世界標準であるPagerDuty、クラウドネイティブのマシンデータ分析プラットフォームSumo Logic、Webサイトのレスポンス分析ツールSpeedCurveなど、海外のDevOps向けの有力製品の国内正規販売代理店で、国内上場企業への豊富な導入実績があります。当社は、アジャイル開発に重要な役割を果たすCI/CD分野に新たなテクノロジーの開発を行なっているHarness社とのパートナーシップにより国内でのデジタルサービスの開発をさらに支援してゆきます。

HarnessにはOSS版と有償版があります。OSS版は無料で小規模チームでの利用やトライアルに向いています。中規模以上の開発チームでご利用の場合はぜひ有償版をお使いください。例えば、シークレット管理の統合、大規模チームのための自動スケーリング、カスタムプラグインの作成(以上はCIの機能)、GitOps、クラウドコスト管理などの追加機能(以上はCDの機能)などが可能になります。またDigital Stacksが持つ豊富な経験を基に導入をサポートいたします。

価格

info@digitalstacks.net までお問い合わせください

米Harness 社

Harness Inc.​

本社所在地:
116 New Montgomery Street, Suite 200, San Francisco, CA 94105、
Co-Founder & CEO Jyoti Bansal

株式会社Digital Stacksについて

本社所在地:
〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階SHIP 414号室
代表者: 代表取締役社長 島田憲治
URL https://www.digitalstacks.net/

株式会社Digital Stacks / Digital Stacks Corporation
デジタルマーケティング部/ Digital Marketing dpt.

川尻智幸/Tomoyuki Kawashiri