eSignLive

グローバルで利用可能な電子サインソリューションのNo.1
eSignLive

eSignLiveは電子商取引において署名の正統性を保証するソリューションです。あらかじめ登録された自筆のサインと比較することにより、契約書などへのサインの正しさを証明します。正式なビジネス文書には法的にサインを求められることがありますが、これを紙ベースで行うのは時間的、コスト的に不利です。eSignLiveではこれを安全かつ証明可能な形で電子化するための各種機能を備えています。eSignLiveはSaaSとしてパブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスのいずれでも利用可です。デスクトップはもちろんモバイルでも利用可能で、GUIを自由にカスタマイズできるため、自社ブランドのデザインの一部のように変更できます。複数の署名者が必要な書類、一人で複数の署名を行う書類、複数の部門に回覧・署名される書類、単線でのサインの流れと並行してなされるサインなど、どのような形式の署名も可能です。さらに、書類の挿入、代理署名、紙ベースでの評価など、あらゆるワークフローに対応します。署名に関する監査記録は書類に埋め込まれ、後に検証できます。その際、eSignLiveのWebサイトを訪れる必要はありません。

eSignLiveは英語、フランス語、ドイツ語などヨーロッパの各国語のほか、日本語、中国語、韓国語に対応し、世界の46カ国で利用可能で、毎年約10億の書類の署名に使われています。