Entries by admin

Leanplum


LEANPLUM Image
Leanplum マーケティングオートメーション トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ モバイルアプリのエンゲージメント強化に必携のマーケティングプラットフォームLeanplumはモバイルアプリの顧客エンゲージメントを強化するマーケティングプラットフォームです。データの収集やA/Bテストを自動化し、詳細かつ迅速な行動分析を可能にし、施策を練るために十分な時間を確保できるようになります。結果としてリテンションやユーザー数の増加、売上高の向上を実現します。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 機能 (Features) マルチチャネルでモバイルのエンゲージメントを強化するマーケティングプラットフォーム Leanplumは、分析・メッセージング・リモート設定・A/Bテスト・AIオートメーションの機能を備えています。ユーザーのアプリ内行動の分析を通じ、リテンション強化、アクティブユーザー数の増加、アプリ内売り上げの向上を支援するプラットフォームです。さらにコンサルテーションサービスも提供しています。クエリ不要即時集計のアナリティクスユーザーのアプリ内行動を分析するにあたり、クエリを記述する事なく即時にデータを集計できます。集計ではなくデータの分析に時間を使えるようになります。専門知識不要のA/BテストA/Bテストの実施から効果検証の全工程を管理画面上で完結できます。専門知識がなくても、全工程を最小工数で実現できるようになります。 リビルドなしに管理画面上で機能調整やUI変更を実施 SDK+API利用でモバイルとWebをまたぐ行動を計測プッシュ通知、アプリ内メッセージ、アプリインボックス、といったキャンペーン施策を、アプリをリビルドすることなく実行できます。さらに実施から効果検証までを、管理画面での操作だけで完結させることができます。アプリの機能やUIの変更を管理画面でのパラメータの調整で実施できるため、市場ニーズに即応したアプリ運営が実現できます。また、汎用性の高いREST API により、CRM、DSP、DMP、トラッキングツール等の外部サービスとインテグレーションできます。SDK+APIの利用により、アプリとWebの双方をまたぐコンバージョン計測も可能になります。 多種多様なアプリを成功させたカスタマーサクセスチームがあなたを支援 Leanplumはサンフランシスコ(本社)、ニューヨーク、アムステルダム、ブルガリア、シンガポール、日本に拠点を設けており、お客様のマーケティング活動をサポートしています。 世界中の多様なジャンルのアプリのグロースハックに関わっているカスタマーサクセスチームが、ゲームや小売り業界などの豊富なサポート経験を基にトラッキング設計やシステム導入をサポートし、様々なパートナーと協調して効果的なグロースハック施策を提案します。 Leanplumは、ガートナーのMagic Quadrant 2018の「Mobile Marketing Platform」部門でリーダーに選出されています。特に「ビジョンの完全性」および「実行能力」の双方で高い評価を獲得しています。 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

Harness


Harness image
Harness CI/CD トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ Harnessで開発・展開・検証サイクルを高速に Harnessは、お客様やビジネスのニーズに合わせたソフトウェア開発を可能にする、アジャイル開発を促進するための最新のソフトウェア・デリバリー・プラットフォームです。アジャイル開発では、ソフトウェアの構築、テスト、デプロイ、検証を高速なサイクルで継続的に行うことで、ニーズに合わせてソフトウェアを進化させることができます。その進化を加速させるためのCI / CDツールがHarnessです。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 機能 (Features) ハーネスCI/CDプラットフォームのご紹介 Harness CI/CDプラットフォームは、DevOpsやエンジニアリングチームのためのセルフサービス型プラットフォームソリューションです。あらゆるタイプのソフトウェアの更新を安全、迅速、かつ持続可能な方法で本番環境に導入できます。Harness CI/CDプラットフォームは、クラウドとコンテナにネイティブに対応しており、SaaS版とオンプレミス版の両方が利用できます。 オンデマンドでソースコードをアーティファクト化:Harness CI Harness CI(以前のDrone)は、コンテナにネイティブ対応したセルフサービス型CIソリューションで、すべてのビルドがアイソレートされ、さらに全てのエクステンションが標準化されています。インストールはすぐに終わります。GitリポジトリにコミットするYAMLのシンプルで読みやすいファイルを使用してパイプラインを宣言するだけです。パイプラインの各ステップは、実行時に自動的にダウンロードされるアイソレートされたDockerコンテナ内で実行されます。Harness CIはDockerHubで1億回以上ダウンロードされ、GitHubでは23,000以上の「いいね」を得ており、オープンソースコミュニティで愛されています。 アーティファクトを実環境に高速展開:Harness CD Harness CDはスマートデプロイメントオートメーションと継続的検証、継続的セキュリティ、継続的インサイトの機能を提供します。セルフサービスのCDモジュールであり、エンジニアがスクリプトや依存関係やダウンタイムを気にしなくてもオンデマンドでソフトを展開できるようにします。Harness CDのスマートデプロイメントオートメーションは、既存のCIツールと統合でき、それらで生成された成果物(アーティファクト)を、様々なクラウドスタック(kubernetesやGCPなど)とインフラ定義ツール、そして構成管理ツールを統合する機能を提供し、アーティファクトを自動的に管理できるようにします。継続的検証により、アーティファクトを自動的に管理できます。 継続的検証は、リリース戦略に合わせて性能監視ツールによる性能評価を行い、必要があればロールバックするプロセスを自動化します。継続的セキュリティでは機密管理、監査、コンプライアンスチェックを定期的に実施するためのサポートをします。継続的インサイトは、チームのパフォーマンスを定量化し、適切な目標管理を可能にします。 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

Digital Stacks、スマホアプリのファンを増やすマーケティングツール「Leanplum」の国内販売を開始


LEANPLUM Image

大手企業サイトの構築運用とデジタルマーケティングのノウハウを持つDigital Stacksが「Leanplum」の導入と活用をサポート

株式会社Digital Stacks(本社:東京都品川区、代表取締役:島田憲治、以下Digital Stacks)は、Leanplum社(本社:米国サンフランシスコ、Chairman、President兼CEO:George Garrick、以下Leanplum)とリセラーパートナーシップ契約を締結しました。
LEANPLUM Image
Leanplumはスマホアプリの顧客エンゲージメントを強化するマーケティングプラットフォームです。お客様の反応の収集やA/Bテストを自動化し、詳細で迅速な行動分析を可能にし、施策を練るために十分な時間を確保できるようになります。結果としてアプリからの離脱防止やユーザー数と売上高の増加に貢献します。
顧客との関係性をマルチチャネルで強化するマーケティングプラットフォーム

Leanplumは、分析・メッセージング・リモート設定・A/Bテスト・AIオートメーションの機能を備えています。ユーザーのアプリ内行動の分析を通じ、リテンション強化、アクティブユーザー数の増加、アプリ内売り上げの向上を支援するプラットフォームです。さらにコンサルテーションサービスも提供しています。

  • クエリ不要即時集計のアナリティクス
    ユーザーのアプリ内行動を分析するにあたり、クエリを記述する事なく即時にデータを集計できます。集計ではなくデータの分析に時間を使えるようになります。
  • 専門知識不要のA/Bテスト
    A/Bテストの実施から効果検証の全工程を管理画面上で完結できます。専門知識がなくても、全工程を最小工数で実現できるようになります。
リビルドなしに管理画面上で機能調整やUI変更を実施、SDK+API利用でモバイルとWebをまたぐ行動を計測

プッシュ通知、アプリ内メッセージ、アプリインボックス、といったキャンペーン施策を、アプリをリビルドすることなく実行できます。
さらに実施から効果検証までを、管理画面での操作だけで完結させることができます。アプリの機能やUIの変更を管理画面でのパラメータの調整で実施できるため、市場ニーズに即応したアプリ運営が実現できます。

また、汎用性の高いREST APIにより、CRM、DSP、DMP、トラッキングツール等の外部サービスとインテグレーションできます。SDK+APIの利用により、アプリとWebの双方をまたぐコンバージョン計測も可能になります。

多種多様なアプリを成功させたカスタマーサクセスチームがあなたを支援

Leanplumはサンフランシスコ(本社)、ニューヨーク、アムステルダム、ブルガリア、シンガポール、日本に拠点を設けており、お客様のマーケティング活動をサポートしています。
世界中の多様なジャンルのアプリのグロースハックに関わっているカスタマーサクセスチームが、ゲームや小売り業界などの豊富なサポート経験を基にトラッキング設計やシステム導入をサポートし、様々なパートナーと協調して効果的なグロースハック施策を提案します。
Leanplumは、ガートナーのMagic Quadrant 2018の「Mobile Marketing Platform」部門でリーダーに選出されています。特に「ビジョンの完全性」および「実行能力」の双方で高い評価を獲得しています。

https://www.prnewswire.com/news-releases/leanplum-named-a-leader-in-gartners-2018-magic-quadrant-for-mobile-marketing-platforms-300682273.html

Digital Stacksは、インシデント管理ツールの世界標準である「PagerDuty」、CI/CDソリューション「Harness」、クラウドネイティブのマシンデータ分析プラットフォーム「Sumo Logic」など、海外の有力クラウドテクノロジー製品の国内正規販売代理店で、国内上場企業への豊富な導入実績があります。今回のLeanplum社とのパートナーシップにより、国内でのデジタルサービスの開発をさらに支援して参ります。

本サービスについての詳細、お問い合わせはこちらをご覧ください。
https://leanplum.digitalstacks.net/

Leanplum, Inc.について

Leanplumは、2012年に設立された、米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くマーケティングテクノロジー企業です。最先端のマルチチャネルカスタマーエンゲージメントプラットフォームで200以上のグローバルブランドをサポートしています。
Webサイト:https://www.leanplum.com/

株式会社Digital Stacksについて

株式会社Digital Stacksは、欧米を中心とした世界の最新クラウドテクノロジー製品をいち早く発掘し、各業種・業界の企業様に提供。全ての企業と企業人のデジタルトランスフォーメーションの加速をサポートしています。

本社所在地 〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階SHIP 414号室
代表取締役CEO 島田憲治
事業開始 1995年3月
URL https://www.digitalstacks.net/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社Digital Stacks
https://www.digitalstacks.net/contact-jp/

Digital Stacks、CI/CDソリューションHarnessの国内販売を開始


Harness image

アジャイル開発に必要な、ビルド、自動テスト、配置、検証までの全工程をAIとビジュアルなUIで支援するCI/CD(Continuous Integration / Continuous Delivery)ツール「Harness」の導入をDigital Stacksがサポートします

東京 – 2021/3/22, 株式会社Digital Stacks(本社:東京都品川区、代表取締役:島田憲治、以下Digital Stacks)は、米Harness 社(本社:116 New Montgomery Street, Suite 200, San Francisco, CA 94105、Co-Founder & CEO Jyoti Bansal、以下Harnessとリセラーパートナーシップ契約を締結しました。

Harness image

Harnessは、顧客やビジネスのニーズに適応したソフトウェア開発するための、アジャイル開発を促進するツールです。

アジャイル開発では、ソフトのビルド・テスト・配置・検証を早い周期で継続的に回すことで、ニーズに合わせてソフトウェアを急速に進化させることができます。そのためのソフトウェアの配備用パッケージ (= “アーティファクト”作成)とクラウドやオンプレミスの本番動作環境への配備を行うツールがCI/CDツールです。

最先端のCI/CDツールであるHarnessを使えば、そのダッシュボードとビジュアルなエディターによって、開発者自身が主体的にアーティファクトの管理と本番環境への配備を設計できます。さらにコストも可視化してくれますので、開発者自身がコスト管理も行えるようになります。

HarnessはCIツールとしてのHarness CI(旧Drone)と、CDツールとしてのHarness CDの2つのモジュールからなります。 Harness CI (旧Drone)は、コンテナネイティブのセルフサービス方式のCIソリューションです。その下で全てのビルドがアイソレートされ、全エクステンションが標準化されます。 Harness CDは「スマートデプロイメントオートメーション」と「継続的検証」、「継続的セキュリティ」、「継続的インサイト」の機能を提供します。
  • スマートデプロイメントオートメーションは、既存のCIツールと統合でき、それらで生成された成果物(アーティファクト)を、様々なクラウドスタック(kubernetesやGCPなど)への配備でき、インフラ定義や構成管理を統合する機能を提供し、アーティファクトを自動管理できるようにします。
  • 「継続的検証」は、リリース戦略に合わせて性能監視ツールによる性能評価を行い必要があればロールバックするプロセスを自動化します。
  • 「継続的セキュリティ」は、機密管理、監査、コンプライアンスチェックを定期的に実施するためのサポートをします。
  • 「継続的インサイト」は、チームのパフォーマンスを定量化し、適切な目標管理を可能にします。

Digital Stacksは、インシデント管理ツールの世界標準であるPagerDuty、クラウドネイティブのマシンデータ分析プラットフォームSumo Logic、Webサイトのレスポンス分析ツールSpeedCurveなど、海外のDevOps向けの有力製品の国内正規販売代理店で、国内上場企業への豊富な導入実績があります。当社は、アジャイル開発に重要な役割を果たすCI/CD分野に新たなテクノロジーの開発を行なっているHarness社とのパートナーシップにより国内でのデジタルサービスの開発をさらに支援してゆきます。

HarnessにはOSS版と有償版があります。OSS版は無料で小規模チームでの利用やトライアルに向いています。中規模以上の開発チームでご利用の場合はぜひ有償版をお使いください。例えば、シークレット管理の統合、大規模チームのための自動スケーリング、カスタムプラグインの作成(以上はCIの機能)、GitOps、クラウドコスト管理などの追加機能(以上はCDの機能)などが可能になります。またDigital Stacksが持つ豊富な経験を基に導入をサポートいたします。

価格

info@digitalstacks.net までお問い合わせください

米Harness 社

Harness Inc.​

本社所在地:
116 New Montgomery Street, Suite 200, San Francisco, CA 94105、
Co-Founder & CEO Jyoti Bansal

株式会社Digital Stacksについて

本社所在地:
〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階SHIP 414号室
代表者: 代表取締役社長 島田憲治
URL https://www.digitalstacks.net/

株式会社Digital Stacks / Digital Stacks Corporation
デジタルマーケティング部/ Digital Marketing dpt.

川尻智幸/Tomoyuki Kawashiri

OneSpan Sign


onespan-sign
OneSpan Sign グローバルで利用可能な電子サインソリューションのNo.1 トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ グローバルで利用可能な電子サインソリューションのNo.1OneSpan SignOneSpan Signは電子商取引において署名の正統性を保証するソリューションです。あらかじめ登録された自筆のサインと比較することにより、契約書などへのサインの正しさを証明します。正式なビジネス文書には法的にサインを求められることがありますが、これを紙ベースで行うのは時間的、コスト的に不利です。OneSpan Signではこれを安全かつ証明可能な形で電子化するための各種機能を備えています。OneSpan SignはSaaSとしてパブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスのいずれでも利用可です。デスクトップはもちろんモバイルでも利用可能で、GUIを自由にカスタマイズできるため、自社ブランドのデザインの一部のように変更できます。複数の署名者が必要な書類、一人で複数の署名を行う書類、複数の部門に回覧・署名される書類、単線でのサインの流れと並行してなされるサインなど、どのような形式の署名も可能です。さらに、書類の挿入、代理署名、紙ベースでの評価など、あらゆるワークフローに対応します。署名に関する監査記録は書類に埋め込まれ、後に検証できます。その際、OneSpan SignのWebサイトを訪れる必要はありません。OneSpan Signは英語、フランス語、ドイツ語などヨーロッパの各国語のほか、日本語、中国語、韓国語に対応し、世界の46カ国で利用可能で、毎年約10億の書類の署名に使われています。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

QNAP


Qnap
QNAP インシデント管理ソリューション トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ 高機能で自由度の高いストレージ環境を構築QNAPNAS(Network Attached Storage)はネットワーク接続のストレージです。その中でもQNAPは個人、SOHO向け1ベイから大規模向け10GbE対応24ベイまでの広範な製品群を擁する有力メーカーです。NFS、SMB、AFP、FTP、FTPSに対応し、UNIX/Linux、Windows、Macなど異なるOS間のファイル共有を可能にします。各種RAID、ファイル暗号化、クラウドバックアップ、rsync、RTRRによる別のQNAPとの同期に対応し、ファイルサーバだけでなくDDNS、プリントサーバ、MySQLサーバなど各種サーバとしても活用できます。豊富なWebベースのアプリケーションで直感的なストレージ管理ができるほか、TELNET、SSHによるログインでcronやスクリプトなどを活用した詳細なオペレーションも可能です。また、VMware Ready、Citrix Ready、Microsoft Hyper-Vなどの仮想化技術にも対応しています。一部の製品を除きHDDはバンドルされていないので、容量、回転数、SSD対応など自由なチョイスでストレージ環境を構築できます。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

SpeedCurve


speedcurve
SpeedCurve Web サイトのレスポンス時間を視覚化 トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ SpeedCurveは、Webサイトのパフォーマンス(レスポンス時間)を的確に視覚化します。SpeedCurveのダッシュボードでは、数値表示だけでなくムービーフィルムのように1コマずつウェブページがどこまで表示されるか視覚的に確認することができます。また、自社のサイトと競合サイトのパフォーマンスを比較することができます。具体的には、 レンダリングが始まるまで2.5秒 一部が表示されるまで3.2秒 全体を完璧に読み込むまで8.4秒 サーバ側の処理は0.1秒 ページロードに5.5秒 全てのページをロードするのに7.4秒 などといった具合に結果が表示されます。また、広告などの外部コンテンツをどのタイミングでどの程度の時間をかけて読み込んでいるかもグラフでビジュアル表示されるます。Webページの40〜60%を占めるサードパーティコンテンツ(広告、ウィジェットや分析ツール)は、ウェブページのパフォーマンスを低下させる大きな原因となっています。優れたユーザーエクスペリエンスを維持するためには、これらの分析と理解が必要です。SpeedCurveではいかに速くページが表示がされるかに意識を集中するために、JavaScriptや画像の合計サイズなど各測定基準を基に許容量を設けます。一度その許容量を定義すれば、SpeedCurveはその容量を監視し、超過した場合はアラートを発します。SpeedCurveのダッシュボードはパフォーマンスのパイプライン計測の自動化や、継続的なフィードバックとトラックを行うことにより、サイトの開発に役立てることができます。ページを公開した後には、カスタム分析を行うためのAPIを利用します。結果は以前の公開時と比較され、パフォーマンス低下の問題などを赤いフラグで表示します。これまで膨大な時間を費やしていた人的リソースによる調査に比べて、SpeedCurveは直感的で分かりやすい分析を即座に行うことができます。サイト管理者がウェブチーム全体へパフォーマンスの質を伝えること容易になり、表示速度とユーザーエクスペリエンスの向上に役立てることができます 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

PRTGネットワークモニター


PRTGネットワークモニター インシデント管理ソリューション トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ PRTGは、ITインフラストラクチャー用のネットワーク監視ソフトウェアです。PRTGはITインフラのあらゆる面を監視し、エラー発生前の通知、データの収集、プロセスの報告を行います。ITインフラの全てのシステム、デバイス、トラフィック、およびアプリケーションを監視。そのために必要なものはすべてPRTGに含まれています。PRTGの特長は、ネットワーク全体、システム、アプリケーションを1つの包括的なソリューションで見通せることです。PRTGは LAN、WAN、サーバー、ウェブサイト、アプリケーションなどすべてのITインフラを監視することができます。 パフォーマンスと可用性 ハードウェアとアプリケーション 仮想環境から、Eメール、ウェブ、ストレージ、 プリンタまで 1ライセンスで複数の拠点を監視 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 機能 (Features) スマートな監視をすぐに始められます。 スマートセットアップとオートディスカバリーで素早くスタートできます。 多くの汎用デバイスの監視項目は事前定義済み 包括的で使い勝手のよいアラートと通知機能 全体を俯瞰できるカスタムダッシュボード/マップ機能 簡単に手軽に監視を始められます。 エージェント不要 データベース、メールサーバー、およびウェブサーバーの統合監視 「スマートセットアップ」設定ウィザード オートディスカバリー機能 汎用デバイスおよびアプリケーション用の事前定義済みテンプレート ソフトウェアの自動更新 はっきりとしたシンプルなライセンス体系と簡単なアップグレード手続き 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram

Sumo Logic


sumologic
Sumo Logic AWS・Azure・Google Cloud&ハイブリッド対応のログ管理・監視Saasソリューション トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ ログ管理とリアルタイムのログ分析、セキュリティ監視を実現あらゆるプラットフォームからログを収集Sumo Logicはオンプレミスや各社のクラウドからログを収集できます。対応するインフラは200以上、ほぼどんな環境、アプリケーションとインテグレーションできるため、時間をかけずに管理と監視が始められます。Sumo Logic自身はクラウドサービスなので、手間をかけずに構築ができます。各種クラウドからはクラウド同士でのデータ収集を行い、オンプレミスサーバにはSumo Logicのエージェントをインストールしてサーバに送信します。Sumo Logicエージェントがインストールできないようなサーバからでも、SSHなどでデータ送信してログを収集できます。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 機能 (Features) アプリケーションカタログ Sumo LogicではAWSだけでなく各種システムのクエリやダッシュボードのテンプレート集をアプリケーションカタログとしてあらかじめ準備しています。そのため、ログ収集やダッシュボードへの表示が即座に実現します。たとえばAWS Cloudならば、分析のためのダッシュボードのテンプレートが最初から用意されているため、すぐに監視が始められます。その種類も、全体概要、ユーザー監視、ネットワークとセキュリティ、オペレーション、コンソールログイン状況などを網羅しています。 アプリケーションカタログ一覧 Akamai Apache Tomcat Aqua Integration Artifactory AWS CloudFront AWS CloudTrail AWS Config AWS EKS AWS Elastic Load Balancing AWS GuardDuty AWS Inspector AWS Lambda AWS Log Analytics AWS S3 AWS VPC Flow Box Cisco CrowdStrike Data Volume Docker Evident.io Evident Security Platform (ESP) ExtraHop Fastly Github Heroku HipChat Kinesis Connector Kubernetes Monitoring Linux Microsoft IIS Microsoft Office 365 Microsoft SQL Server Microsoft Windows Microsoft Windows Active Directory Microsoft Windows Performance MongoDB MySQL NGINX Nozzle for Pivotal Cloud Foundry Observable...

Apteligent


Apteligent
Apteligent モバイルアプリの振る舞いを監視 トライアル テクノロジー詳細 → Campaign COBIT-19でのリモート支援でトライアルの延長キャンペーン実施中です 詳細-> プレビュー (Preview) Previous Next 製品概要 (Overview)​ モバイルアプリのクラッシュやスピードダウンは、モバイルをプラットフォームとするビジネスにとって致命的です。Apteligentのモバイルアプリインテリジェンスサービスは、モバイルアプリにコードを追加することにより、ユーザーが起動中のアプリのパフォーマンスや、クラッシュレポートをリアルタイムで可視化します。サーバコールやクラッシュに至るまでの行動、クラッシュしたクラスやメソッドをクラウドに送り、ダッシュボード上で確認できるため、素早い対応を可能にします。また、トランザクションの失敗率から売上の損失額を算出することもできます。Apteligentには無料版のBasic、有償版のJumpStart、フル機能をサポートしたEnterpriseの3つのエディションがあり、Enterpriseのコンポーネントには、AdobeMarketing Cloud用のコネクタがあります。AdobeコネクタはモバイルデータをAdobe Marketing Cloudに直接送信してモバイルコンシューマの行動をより深い分析を可能にします。Apteligentは、iOS、Android、Windows Phone 10、Hybrid、HTML5アプリなどのすべての主要なモバイルOSプラットフォームをサポートしています。厳しいEUのプライバシーガイドラインを厳守し、アプリユーザの個人情報を保護しています。 最新情報 (Latest News)​ テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されました テクノロジー 2020/07/08 新しい製品が発表されましたさらに表示 機能 (Features) Apteligent とAdobe Analyticsの統合モバイル解析 Apteligentは単なるクラッシュレポートを超えたモバイルアプリのインテリジェンスソリューションです。Adobe Analyticsのユーザーエンゲージメント情報と連携し、Apteligentによる豊富で詳細なビジネストランザクションとサービスのモニタリングによって、モバイルビジネスの気づきを得られます。異なるプラットフォームやユーザーが経験するアプリの個々の違いを統合的に理解することで、アプリケーションの価値、ひいてはモバイルビジネス全体へ影響を与えることになるでしょう。ApteligentとAdobe Analyticsはモバイルインテリジェンスと行動分析の最高の組み合わせです。 アクセスのスパイクに対応―ポケモンGo に採用された パフォーマンス・マネージメント・ソリューションApteligent モバイルアプリのパフォーマンスやクラッシュをリアルタイムで監視するソリューションのApteligentがポケモンGoに採用されています。クラウドベースでアプリを監視し続けるだけに、ポケモンGoの爆発的なヒットに連れて、クラウドへの負荷も爆発しました。予想外の事態に対し、ApteligentのポケモンGoチームはクラウドをスケールすることでトラフィックの急増に対応して事なきを得たという。同社ニュースリリースから顛末を紹介します。ポケモンGo: スケーリングで全部をゲット2016 年7月14日Jeremiah EdwardsApteligent 社データサイエンシストポケモンGoは最高ポケモンGoはWeb スケールだポケモンGoが生きがいだApteligent03 1アプリ公開後、急激に上昇したアクセスレート24時間後に見られた500RPSの着信トラフィックピークの上昇。これは木曜日の夜までに1500RPSへと増加。モバイルアプリはもろいものです。でも、スケーラブルなアーキテクチャは強力です。モバイルアプリ開発チームとの仕事の醍醐味の1つは、App Storeのデータを誰よりも早く見て、その変化を知ることができるということです。今後、同様のデータは今回明らかになったポケモンGoのリリースで明らかになった事態と比較されることになるでしょう。当社はポケモンGoの開発元、Niantic Labsと一緒に仕事をしており、彼らのiOSとAndroidアプリの両バージョンのパフォーマンスを監視しています。皆が夢中になる新しいゲームの発売時期など重要な時期に、自社アプリユーザーに影響を及ぼす問題を見つけて修正するために、Apteligentの製品を使用していただいています。これはつまり、私たちはポケモンGoのリリースをどのユーザーよりも先に見ることができたということです。ポケモンGoという新しいアプリのインストールや使用の急上昇というNianticの成功に追いつくため、我々もバックエンドインフラストラクチャーの拡張に早急に取り組む必要がありました。当社の運用チームが今後「ポケモン事件」と呼び続けるであろう今回の作業で、数日中に当社のサービスは新たな何百万ものユーザーからのイベント処理を開始していました。実際、発売後24時間で当社が収集するトラフィックの急上昇が見られました。私たちはビッグデータ処理には精通しています。ポケモンGoの発売前は、通常26億以上のイベント(3万回/秒)処理が標準的でしたが、1週間でトラフィックに大幅な上昇が見られました。リリースについて当社に注意を促してくれたNianticのチームに感謝しなくてはいけません。この事前の注意をもってしても、私たちの運用チームは、システムの新しい負荷を処理するために懸命に作業する必要がありました。幸いなことに、当社のプラットフォームは各階層で水平に拡張することができました。ポケモンが当社のサービスに及ぼした唯一の影響と言えば、当社のKafkaクラスタとSparkクラスタをスケールアウトしている間、いくらかの処理の遅延が生じたことでしょう。いずれにせよ、Nianticの偉大なるゲームのローンチに脱帽です。 パフォーマンス・マネージメント・ソリューションApteligent モバイルアプリは、App StoreやGoogle Playなどで評価(星の数)が1つ上がるだけで、ユーザ数と売上が大きく向上します。Apteligentはアプリの「クラッシュ」「エラー」「遅延」などの不具合をリアルタイムに可視化します。クラッシュの問題解決を短期間で可能とし、ユーザの評価が悪化する前に対策を打つことがでます。 Apteligent社とは 2011年に米国にて設立、モバイル・アプリケーションのソリューションを提供、Google VenturesやAccenture等のベンチャーファンドから投資を受けている、急成長のベンチャー企業です。YahooやLinkedInなど北米の大手インターネット企業に導入されており、世界120カ国、2万以上のアプリに使用され、月間10億ものアクティブユーザーをモニタリングしています。 対象 (Roles) Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer Social Media Marketer ソーシャルメディア (Social Media) Facebook Twitter Youtube Instagram