Webでの行動、購買履歴、CRMデータ、メールなどのデータのすべてを統合
Adobe Audience Manager

マーケティング、セールス、広告など社内のいろいろな部門に顧客に関するデータが分散していないでしょうか? 顧客の理解を深めるために、貴重なデータを一元管理するのがDMP(データマネジメントプラットフォーム)です。

Adobe Audience Managerは顧客のWebでの行動、購買履歴、CRM、メールなどのデータのすべてを統合してオーディエンスの理解を深めます。

顧客情報には個人情報と匿名情報があります。Audience Managerは多元的なデータからオーディエンスプロファイルを作成し、ターゲティングとパーソナライズに役立てます。

Audience Managerは顧客のプライバシーを侵害することなく、質の高いエクスペリエンスを提供することによってコンバージョンレートを高めるとともに、新規リードの獲得を少ない労力と時間で実現します。

Audience Managerの特徴

アライアンスや購入で入手したデータも利用できる

Audience Managerは自社のデータ(1st party data)だけでなく、他社が持つ顧客データ(2nd party date)やデータ収集業者から購入するデータ(3rd party data)のすべてを利用することができるので、より正確な顧客像を構築できます。

Adobe Experience Cloudとのコラボレーション

Audience ManagerはAdobe Experience Cloudのすべてのツールと連動できます。データをAdobe Analyticsにフィードバックして分析したり、Adobe CampaignやAdobe Target、Adobe Media Managerにオーディエンスを読み込んで総合的なマーケティング施策を効率的に行うことができます。また、APIを通じて他社のツールとの連携も可能です。

多様なデバイスでのアクセスからユニークユーザーを割り出す

PCやスマホ、タブレットなど1人の顧客がいろいろなデバイスでアクセスしてきても、1人のユニークユーザーを推定し、正しくパーソナライズされたマーケティング施策を実行できます。

優良顧客のセグメントを特定

広範なデータから優良顧客の特徴を見つけ、重点的にリーチするターゲットを特定します。

look-alikeモデリングによる新規リードの開拓

既存の優良顧客のデータによる属性に基づいてプロファイルを作成し、その属性に類似した顧客を有望リードと設定し、積極的なリーチを行えます。

ビジュアル化されたレポーティング

インプレッション数、クリック数、コンバージョンなどのデータをビジュアルなレポートで確認できます。オーディエンスに確実にリーチしているかも検証できます。

株式会社Digital StacksはAdobe公式パートナーとして、お客様のWebマーケティングストラテジー実現のためにAdobe Audience Managerの導入や移行をご支援するコンサルティングサービスを提供しています。

Audience Managerを含むAdobe Experience Cloud
コンサルティングサービスに関するお問い合わせはこちら